塗装ってなぜ必要?

塗装ってなぜ必要?

塗装は本当に必要な事なのか疑問に思う方はお読みください

当然ですが、建物が傷むにつれて屋根・壁共に劣化し、塗装が必要となってきます。
しかし「何年たったら塗装を絶対にしないといけない」という決まりがある訳ではありません。業者さんによっては4~5年又は10年位が塗り頃だという説もありますが、大切なのは大事に至る前に行う事です。

チョーキング写真 「大事に至る」と言う事は、壁のひび割れや塗装の膜が劣化することで 壁の内側に雨水が入り込み、下地の柱を腐らせてしまう、といった事態に なる事です。 (屋根の雨漏りは直接天井に落ちるので音やシミですぐに分かりますが、 壁の雨漏りは外側のひび割れ位からしか判断する事ができません。) この状況に至ると材木は湿気を含み、シロアリを呼ぶ可能性もあります。 さらに、いざ外壁塗装をしようと思った時に、塗装だけでは済まないこと もあります。外壁塗装には、こうした雨漏りによる二次的被害の誘発を阻 止する役目があります。 しかし、日常生活の中で、壁の内側の状況など見れるはずもありません。

簡単に出来る3つのチェックポイント

注意
導線バナー

すまいる はじめにお読みください 長崎 外壁屋根
すまいる 屋根床下点検 長崎 外壁屋根
すまいる LINE無料見積もり 長崎 外壁屋根

  • お困り事は すまいるリフォームへ!

  • 先日の台風が予想以上に大きくしかもノロノロ台風だったので1日中大雨強風でしたね。長崎には久しぶりに強い台風がきたのではないでしょうか。各地では被害も大きく弊社にも雨漏りなどたくさんの
    >>詳しく見る
すまいる 屋根

外壁 すまいる

  • リノベーション資料請求
  • すまいる 外壁屋根塗装
  • 長崎 すまいる 外壁屋根
WEBから問い合わせる